運営者ブログ

WordPressテーマ「The Thor」のレビューと評価(実例サイトあり)

こんにちは、ユウ@法人アフィリエイター(@mokume7)です。

サイト、ブログをWordPress(ワードプレス)で運営するにあたって、一番最初に迷うポイントが「テーマ」。

どんな機能を搭載しているか知りたい
私が作りたいサイトができるかわからない

という人も多いのではないでしょうか。

本記事では、数あるWordPressテーマの中からまだレビュー記事の少ない「The Thor(ザトール)」について取り上げました。

 

多種のWordPressテーマを利用して、複数サイトを運営し、月100万円以上稼ぐ専業アフィリエイターの目線から

  • The Thorの特徴について
  • The Thorを使って感じたメリット・デメリット
  • The Thorに適したサイト

について、評価しています。

The Thorを利用した実例サイトも紹介していますが、地域サイトには抜群の相性を持っていると考えています。

The Thor(ザ・トール)とは?

「The Thor」は、FITが出している有料のWordPressテーマです。

ユウ
ユウ
この記事ではデザインの部分には触れていません。デザインでできることはThe Thor公式サイトでご覧ください。

無料版のLION MEDIAとTHE THORの違い

もともとは、The Thorの前に「Lion media(ライオンメディア)」というWordPressテーマがありました(Lion mediaは無料テーマ)。

違いは以下の通り。

LION MEDIA THE THOR
問い合わせページ
AMP
人気記事ウィジェット
絞り込み検索 ×
CTAエリア ×
デザイン着せ替え ×
タグ管理 ×
サイトマップ自動生成 ×
PWA ×
固定フッター ×
会員専用コンテンツページ ×
公式を見る 公式を見る

 

機能拡大され、有料化されたものが「The Thor」と思っておくといいでしょう。

ユウ
ユウ
機能拡大といっても、搭載している量から言えば別物レベルです。

 

The Thorの公式が推している強み

The Thorのが強みとしているポイントを3つ挙げてみました。

  • 体感表示速度が速い
  • 知識がなくても、デザインを綺麗にできる
  • サイト内検索が優秀

 

デザインが凝っているものは、表示速度が遅くなるイメージがあります。しかし、The Thorの体感速度は速めです(後ほど運営サイトを出しています)。

また、最も特筆すべきは「絞り込み検索」です。

WordPressは検索機能が使い物にならないので、絞り込み機能を使うことにより、特定のジャンルのサイトで強みを発揮します。

絞り込み検索が使えそうなサイトについては、後ほど「The Thorに適したサイト」のところで解説しています。

 

The Thorを用いた運営サイト「滋賀タイム」

The Thorを用いた僕の運営サイトは「滋賀タイム」です。

滋賀に関する地域サイト(ブログ寄り)で、自分が行って美味しかったところなど、ログ的に記録しているサイト。

基本は2カラム(右側サイドバー)で構成しています。

 

一部「滋賀の脱毛サロン」のページなどは、ワンカラムで構成しています。

 

ユウ
ユウ
後で解説してますが、The Thorのデモサイト「The Thor Demo3」をデザイン着せ替え機能で作っただけです。

The Thorのメリット

体感の速度が速い

滋賀タイムの表示速度をチェックしていただくとわかりますが、遷移速度は速く感じます。

ちなみにサーバーは高速な「Conoha」を使っています。

Conoha側でのキャッシュは一切かけておらず、テーマ側で圧縮をかけています。

 

PWAに対応している

アフィリエイト、ブログ系でよく使われているWordPressテーマの中で、PWA(Progressice Web Apps)に対応しているものは、ほとんどありません。

知っているテーマでは「ルクセリタス」くらいです。

PWAに対応する運営者側の一般的なメリットをざっくり上げると、

  1. キャッシュによる高速化
  2. キャッシュによりオフラインで読める
  3. プッシュ更新通知

の3つです。

①、②は昨今スマホが完全につながらないところで見ることにあまり意味がないと思っていますし、もともとテーマが高速なので、メリットを感じる余地はあまりないでしょう。

②の更新通知はいいですね。

更新通知と言えば、これまでFeedlyやPush7がありましたが、リテラシーが高い人しか使えない仕組みでした。

しかし、PWAの場合はホーム画面に設定することで自動的に更新通知が送られるので、リテラシーが低い人に向けても、再訪問を促しやすくなります。

ユウ
ユウ
Androidスマホのchromeで見ると、ホーム画面に追加と出てきてインストールできるようにしています。

現時点で、The Thorでの更新通知機能は搭載されていません。よって、恩恵は速度アップだけです。

 

カテゴリーやタグを使った絞り込み検索が優秀

これだけでも、The Thorは買う価値があるかなと感じる「絞り込み検索」。

滋賀タイムの中でも、右側に検索窓を設けています。

 

WordPressは標準の検索機能は最低限の機能しかなく、使い物になりません。一方で、絞り込み検索できるWordPressプラグインも大したものがありません。

The Thorの場合はカテゴリとタグを活用して、絞り込み検索をかけることができるメリットがあります。

ユウ
ユウ
車系サイトなら、カテゴリーにメーカー名を、タグに排気量や、新車価格帯を入れておけば、検索幅を広がるかも。

 

マイクロコピー的に使うことも可能

The Thorの検索周りでもう一つ優秀なポイントが、下部のマイクロコピー部分。

 

検索してほしいワードを意図的に入れることができます。

これはカスタマイズ項目から簡単に設定できます。

 

一瞬でサイトデザインが完了する

さきほどの滋賀タイムもそうですが、CSSはほぼいじっていません。

プラグイン「Customizer Export/Import」を使えば、デモサイト一覧からデータをダウンロード、そしてアップロードするだけで簡単にきれいなデザインが出来上がります。

 

ページ別のQRコードを表示できる

アプリ系のサイトを運営している場合、パソコンにアクセスがあっても収益につながる可能性は低くなります。

The ThorではQRコードを生成できるので、スマートフォンへの導線を作ることもできます。

ユウ
ユウ
The Thorの利用において禁止ジャンルはないため、マッチングアプリ等のサイト運営も可能ですよ。

このQRコードは、各ページのURLから生成するわけではありません。特定ページのみへのQRコード生成です。

 

The Thorのデメリット

タグ管理機能が使えない

The Thorのウリのはずですが、これが一番のデメリットです。

タグ管理機能を用いることでアフィリエイトリンクを一元管理できますが、タグ管理機能を用いて、記事を作成すると以下のようになります。

 

CSSが効いていて、「灰色の囲い+改行」がかかってしまっているんですよね。

テキストベースのアフィリエイトリンクを入れることができないため、別のプラグインを使って管理する必要性がでてきます。

本来の機能として備わっているはずなのに、使い物にならないので、勿体ないですね。

ユウ
ユウ
バージョンアップでCSSをクリアにした状態のものを選べるようになることを期待したいところです。

 

ウィジェット機能が劣っている

最近のWordPressテーマの場合は、ウィジェットの位置をたくさん調整することができます。

ところが、The Thorの場合に入れられるウィジェットは少なめ。

個人的にh2前と、投稿下ソーシャルボタン前にウィジェットを入れられないことは大きな欠点です。

ユウ
ユウ
ウィジェット位置を細かく調整したいなら、Cocoonがおすすめです。

 

アドセンスの位置自由度がない

The Thorではアドセンスの位置をカスタマイズページから設定することができます。

 

設定は記事内(h2前)と、記事下用のダブルレクタングルです。

微妙なのが記事下ダブルレクタングルで、

  • ソーシャルボタン
  • フォローボタン
  • ダブルレクタングル

となっています。

スクリーンショットの方が分かり易いので、下記に画像を付けました。

僕の経験上、ソーシャルボタン上にアドセンスを設置する方が収益性が高いため、移したいのが本音。

アドセンス設置位置はサイトによって、最適な位置が異なるため、自由度が低いことは大きなマイナスポイントです。

 

体感は速いが、読み込みテストの数値上はさほど速くない

滋賀タイムの読み込み速度を計測した結果が以下になります(サーバーはConohaを利用)。

トップページがこちら。

投稿ページがこちら。

この結果から、表示速度をうたう割には意外と数値上は遅いなと感じます。

さらにテーマ側で搭載されているGzip圧縮と.htaccessによる圧縮をするともう少し速くすることができます。

ユウ
ユウ
他のキャッシュを用いてさらに速くできるかもしれませんが、まだ試していません。

PWAによるキャッシュが強い

PWAをしていると、テーマ側で自動設定されているキャッシュがとにかく強いです。

更新ボタンを押しているのに、サイトに反映されてなくてつまづく人は多いかもしれません。

The Thorを使う前に、ブラウザ上のキャッシュクリアの方法はちゃんと読んでおきましょう。

速度が速くなる反面、どうしてもこういったデメリットは出てきてしまいます。

 

The Thorを用いて作った商標のアフィリエイト記事例

滋賀タイムに作っている、アフィリエイトはnuro光(ニューロ光)の記事がそれにあたります。

実際にThe Thorで作ってみた記事例が「nuro光の特徴」や「nuro光キャンペーン」の記事にあたります(参考にぜひ見てみてください)

The Thorはデザインが良いので、綺麗にはめ込んで作れます。

ただ、デメリットのところで挙げた通り、タグ管理がイマイチなので、アフィリエイトリンクの管理は面倒です。

また、Affingerの管理タグマネージャーのように計測もできません。

必要であれば、「こじかABテスター」などのプラグインを利用する必要がありますね。

ユウ
ユウ
PWAにするとキャッシュがかかるため、ABテストに向かないことを注意しておきましょう。

 

The Thorが適したタイプのサイト

地域サイト・ブログ

The Thorの絞り込み検索は他にはない大きな利点です。

メリットでも述べた通り、絞り込み検索をうまく使えば、市や町で絞りを込みをかけたいユーザーにとってストレスのない環境を作れるでしょう。

グルメサイトなら、タグに値段帯を入れて、検索性を上げる方法も考えられます。

絞り込み検索ができることで、サイト作りの幅が広がるでしょう。

 

車、バイク、不動産系のアフィリエイトサイト

地域サイトと同じ考えですが、絞り込み検索を利用することで、

  • メーカー・排気量
  • 地域
  • 値段帯

などの検索性を上げることができるでしょう。

これまでのノーマルなWordPressテーマでは、できなかったアプローチができるかもしれません。

ちなみに絞り込み検索はウィジェットなので、好きな位置に表示できます。投稿ページ前に持ってくることもできますよ。

 

更新性の高いサイト

The ThorのPWA機能を使えば、スマホのホーム画面にインストールできます

例えば、上でも挙げていますが地域サイトで「開店・閉店」情報といった更新性の高いサイト運営をする場合、ユーザーの再訪問率が上がるはず。

The ThorにはPWAがあるため、ユーザーがスマホからワンタップで入れるダイレクト流入を増やしたサイト作りができます。

 

固定費で取りに行くタイプのサイト

僕は固定費で毎月数十万円ほど頂いていますが、先方と調整するたびに、サイトデザイン(見た目の綺麗さ)の重要性を感じます。

The Thorは、デモサイトを使えば簡単にデザインを整えることができるので、広告主への固定費(純広告)提案も通しやすくなるでしょう。

 

アプリ系アフィリエイトサイト

The Thorではスマホユーザー向けにQRコードを設置することができます。

アプリをメインとしたアフィリエイトサイトの場合、パソコンユーザーは必然的に取りこぼすことになります。

QRコードを設置することで、アプリ系アフィリエイトに導線を作ることが可能になり、漏れをなくせる可能性があります。

ユウ
ユウ
QRコードは自サイトしか生成できません。しかし、リダイレクトを使えば、アフィリエイトリンクにQRコードからアクセスすることも可能だと思います(自己責任でお願いします)。

 

まとめ「専業アフィリエイターが考えるThe Thorの価値は検索、PWA、QRコード」

専業アフィリエイターの目線で、WordPressテーマ「The Thor」のレビューを行いました。

僕はテーマは有料でも、無料でも何でもいいと思っているタイプで、それよりもサイトコンセプトに適したテーマを選ぶことの方がよっぽど重要だと考えています。

The Thorは有料テーマで、かつ価格も高めです。

しかし、他にはない「絞り込み機能」、「PWA」、「QRコード」を活用できる用途が思いつくなら、価値が十分以上にあるテーマです。