ウェブの普通

口コミを調べるときの検索エンジン・SNSの利用方法・目的を比較調査しました

商品などを買ったり、サービスを利用する前に気になるのが「口コミ」です。

自分が欲しいものが本当に自分に合っているのか、信用できるのか、世間ではどういう評判なのか、インターネットで口コミを見て参考にしている方も多いでしょう。

そこで今回は、10代から60代までの男女243人にクラウドワークス上で協力してもらったアンケートをもとに、インターネットの口コミの調べ方や考え方を比較して口コミ検索の普通を調べました。

ユウ
ユウ
男女や年代別で、口コミを検索する検索エンジンやSNSを調べたので、ウェブマーケッターには役立つはずです。

口コミを調べる検索エンジンを比較

何かを調べるときには検索エンジンにキーワードを入力して調べることは普通のことになっており、口コミを調べるのも例外ではありません。

ここでは、口コミを調べるときの使用検索エンジンや使用ブラウザに傾向があるのかを主に性別に分けて調べました

 

検索エンジンの比較

まずは口コミを調べるときに使う検索エンジンを回答してもらいました。その結果が以下になります。

 

その結果、64%がGoogle、32%がYahooを使って検索しており、この2つの検索エンジンで96%とほぼ全てを占めることがわかりました。

これを男女別に分けると以下のようになります。

使う検索エンジンの男女差

 

男女通じて

  • 1位 Google
  • 2位 Yahoo
と順位は変わりませんでしたが、男性の方がGoogle使用率が高く、女性の方がYahooを使って口コミを調べる人が7ポイント多いという結果になりました。

 

利用しているスマホ別のブラウザを比較

次に、検索エンジンと利用しているスマホの機種と検索エンジンに関連があるのかを調べました。

利用しているスマホ

 

全体では、ほぼ半分ずつになりましたが、Androidが54%となり、iPhoneよりも8ポイント多い結果となりました。

これを男女別で見てみると以下のようになります。

利用しているスマホの男女比

 

男性は60%がAndroidを使用しているのに対し、女性のAndroid使用率は40%で、男性はAndroidを、女性はiPhoneを好む傾向が見られました。

では、iPhone使用者とAndroid使用者で使用しているブラウザは異なるのか調べました。

ここでも、全体と男女別で分けてみています。

基礎知識として、回答に用いた各ブラウザと開発企業、対応OSを紹介しておきましょう。

各ブラウザの対応OSのバージョンは省略してあります。

ブラウザと対応OS

 

まずはiPhone使用者のブラウザを比較しました。

iPhoneで使っているブラウザ

その結果、 iPhone使用者は女性では90%以上、男性では80%近くがアップル製品専用の標準ブラウザであるsafariを利用していました。

男性も女性もChromeを利用している人は数名ずついましたが、割合としては

  • 男性 14%
  • 女性 6%

となり、男性の方が8ポイント高い結果となりました。

次に、Android利用者のブラウザを比較しました。

androidで使っているブラウザの調査結果

Android使用者は標準搭載されているChromeをブラウザとして利用している人が81%で、男女別でみると

  • 男性 73%
  • 女性 87%

でした。

SafariについてはAndroidにはインストールできないので、誤回答と考えられますが、operaやfirefox、その他のブラウザを使用している人は

  • 男性 23%
  • 女性 11%

となり、男性の方が10ポイント以上高くなる結果となりました。

以上の結果、

  • 機種に標準搭載されているブラウザをそのまま使用する人が大多数
  • iPhoneでもAndroidでも、男性の方が元々搭載されているアプリとは別のブラウザをインストールして使用している人が多い

ということがわかりました。

ユウ
ユウ
SafariもChromeもデフォルトの検索エンジンはGoogleですから、どちらのスマホでも別のブラウザアプリをインストールしない限り、口コミ検索にGoogleを使用する人が多いのは当然の結果と言えるでしょう。

 

パソコンのブラウザを比較

では、パソコンのブラウザはどうなっているのでしょうか。

パソコンで使うブラウザのアンケート調査結果

 

全体で見るとChromeが46%と最も多く、次いでその他21%、safari16%、microsoft Edge9%、Firefox8%と続き、Opera利用者はいませんでした。

更に男女に分けると以下のグラフのようになりました。

パソコンで使うブラウザの男女比較

 

男性は、Chromeが圧倒的に多いですが、女性はsafariが大幅に増える結果が得られています。

これを表にすると次のようになります。

黄色のマークは1位、緑が2位、水色が3位になっています。

パソコンで使うブラウザの男女比較表

男女ともにChromeを利用している人が多くなりましたが、女性は39%と、男性62%から23ポイントも低くなりました。

また、男性はFirefoxやMicrosoft Edgeを利用している割合が14%と高い結果になりました。

一方、女性はその他26%とsafari22%が2位と3位につけました。

ユウ
ユウ
大幅に脱線しますが、safariが標準ブラウザとして使えるのはApple社の製品だけですから、女性はPCもスマホも、デザインがスタイリッシュなMacやiPhoneなど、Apple社製のものを好む傾向があるようです。

 

Firefoxの初期設定の検索エンジンはsafariやChromeと同様にGoogleですので、男性だと81%、女性だと66%の検索エンジンが設定を変えない限りはGoogleと言うことになります。

 

口コミを調べるのに検索エンジンを使う理由

検索エンジンを使う傾向がわかったところで、本題の口コミの調べ方に戻りましょう。

口コミを調べるために何故その検索エンジンを使うのかを自由回答で答えてもらい、分類してまとめたのが以下の表です。

各検索エンジンの使用者全体を100%として、1位を黄色、2位を緑、3位を水色で示しています。

口コミを使うために検索エンジンを使う理由をまとめた表

Googleを口コミ検索で利用している人は、

  • シンプル、使いやすいから 25%
  • 使い慣れているから 24%
  • デフォルトだから 20%

という理由でGoogleを選んでいる人が多くなりました。

「デフォルトだから」という回答が20%で3位に入ったことは、先ほど比較した使用ブラウザとデフォルトの検索エンジンの関係を裏付ける結果となりました。

Yahooについても、

  • 使い慣れているから 49%
  • シンプル、使いやすいから 30%
  • デフォルトだから 9%

と、順位こそ違えど、1~3位の項目は同じになりましたが、特にYahooで「使い慣れている」と答えた人の中には、

  • 「中学生の頃から使っているので慣れている」(30代 女性)
  • 「パソコンを使い始めた時から使っていて慣れてしまったから。」(30代 男性)

など、後述でも比較しますが、どのPCを開いてもYhooがほぼインターネットエクスプローラのトップページだった1990年代後半にパソコンを使い始めたであろう30代以降が95%を占めました。

BingはWindows10の標準ブラウザ“Microsoft Edge”の初期設定検索エンジンですが、こちらは使用している3名全員がデフォルトだからという理由で利用していました。

何かを検索するときに「ググる」と言うように、Googleは検索窓だけのシンプルさと長年の実績で人気の様です。

ユウ
ユウ
Yahooエンジンはデフォルトではないけれど、昔からあって検索窓以外にもニュースや天気など色々なコンテンツがあるから使い勝手がいいと考えている人も多そうですね。

 

口コミを調べるSNSを比較

検索エンジンの次に、ここ十数年の間に急速に発達したSNSと口コミを調べることの関係を調査しました。

 

口コミを調べるSNSを男女間で比較

最初に、SNSを使って口コミを調べているか、使っている場合はそのSNSが何かを回答してもらいました。

その結果が次の円グラフです。

口コミを調べるのに使うSNS

 

その結果、口コミ調査に使うSNSは

  • 1位 ツイッター 38%
  • 2位 インスタグラム 17%
  • 3位 フェイスブック 3%

となりました。

「その他」と答えた人は5%(243人中11人)でしたが、「LINEを使う」と答えた1人以外はSNS以外のWebサイトや検索エンジンを挙げていたので、実質は「SNSでは調べない」に入ると考えると、SNSで口コミを調べない人は40%を超える結果となりました。

では、口コミ調査時のSNS利用には男女差はあるのか比較してみました。

口コミを調べるのに使うSNSの男女比較

 

すると、男性は

  • ツイッター 52%
  • フェイスブック 2%
  • インスタグラム 1%

となり、口コミ調査には圧倒的にツイッターを利用していることがわかりました。

それに対して女性は

  • ツイッター 31%
  • インスタグラム 24%
  • フェイスブック 4%
と、ツイッターがやや多いものの、ツイッターとインスタグラムが利用SNSをほぼ二分する結果となりました。

また、「その他」を含めると男性は45%、女性は41%が口コミ調査にSNSを利用しておらず、数ポイントの差はあるものの割合はほぼ変わりませんでした。

SNSを口コミ調査に使わない人の中には

  • 「SNSはステマや大げさなクチコミが多いから使わない」(30代 男性)

といった意見も少数ですがありました。

 

口コミを調べるのにSNSを使う理由

次に、口コミを調べるのにSNSを利用する理由を自由回答してもらい、回答を元に分類して表にしました。

各SNSで1位は黄色、2位は緑、3位は水色でマークしてあります。

なお、フェイスブックに関しては、口コミを調べている利用者が少なかったため1位のみ黄色でマークしています。

口コミ調査にSNSを使う理由をまとめた表

その結果、ツイッターでは

  • 検索がしやすい、手軽、身近 30%
  • ユーザー、情報量が多い 29%
  • 情報が早い 16%

となりました。

ツイッターの特徴として、検索の際にハッシュタグだけでなく、検索エンジンのように複数キーワードで検索できることが挙げられ、これが使いやすさに繋がっていると考えられます。

また、

  • 「リアルタイムで呟きが見えるので、気になった情報をすぐに手に入れることができるから」(20代 女性)

という意見からもわかるように、目的の物事について多くの人の意見がリアルタイムで意見を言っているので情報が早く、

  • 「肯定と否定の意見が一度にわかるから」(40代 女性)

といったように、様々な口コミを知れるという理由を挙げた人もいました。

インスタグラムについては、

  • 見やすい 54%
  • 検索がしやすい、手軽、身近 17%
  • ユーザー、情報量が多い 13%

となり、見やすさを支持する人が半数以上を占めました。

自由回答の中には、

  • 「画像で、パッと見れるので、見たい情報が探しやすいから」(20代 女性)
  • 「文字だけでなく、画像が見れるため実際のもののイメージが湧きやすい」(20代 女性)

など、画像が一緒に載っているので探しているものが見つけやすいといった意見が多く見られました。

 

各SNSの傾向

インスタグラムは検索のしやすさや速さではツイッターにやや劣るものの、コスメや雑貨など、ビジュアルを重視する傾向にある女性に支持されているのでしょう。

対してツイッターは情報の速さや正確さについて調べたい方向きなのかもしれません。

フェイスブックは老舗のSNSの一つですから、口コミを調べるというよりは「近況報告」などその他の要素の方が強いのかもしれませんね。

 

その他の口コミの調べ方

口コミを調べる手段として、検索エンジンやSNS以外を利用しているかどうかを調べました。

こちらは検索エンジンやSNSと違って自由回答でアンケートをとったので、回答を種類別に分けてまとめました。

その結果が下の円グラフになります。

SNS以外の口コミの調べ方

 

検索エンジンやSNSを除くと口コミを調べるツールは特にないという意見が51%と約半数を占めました。

その他の口コミの調べ方をしている人は、

  • まとめサイトやそのジャンルに特化した情報サイトのレビュー 12%
  • 価格.comなどの比較サイトでのレビュー 8%
  • Amazonや楽天などECサイトの商品レビュー 8%

という順位になりました。

更に、検索エンジンを使用するブラウザやSNSの利用の仕方が男女で違っていたので、ここでも男女別に比較しました。

1位を黄色、2位を緑、3位を水色でマークしています。

SNS以外の口コミの調べ方をまとめた表

男女別でみても、検索エンジンやSNS以外を利用していない人の割合は50%前後でしたが、女性の方が7ポイント高くなりました。

利用していると答えた人の男性は

  • 価格.comなどの比較サイト 11%
  • Amazon、楽天などのECサイト 9%
  • ぐるナビ、食べログなどのグルメサイト 8%

と続きました。

女性では、

  • まとめサイト、情報サイト 16%
  • Amazon、楽天市場などのECサイト 8%
  • 価格.comなどの比較サイト

の順になりました。

特に具体的な情報サイト名は“@cosme”を挙げた人が28人中12名と約40%になりました。

この比較を全体で見ると、男女通じて、「たくさんの商品を一度に見れて、口コミだけでなく値段も比較できる」サイトに需要があることがわかりました。

ユウ
ユウ
男性は女性に比べて色んな所にアンテナを張って情報を入手している印象です。女性にニーズがあるコスメや子育て関連の口コミはネットでまとめられて見られるサイトが多いのかもしれませんね。

 

年代別に口コミの調べ方を比較

最後に、年代別に口コミの調べ方を比較しました。口コミを調べる検索エンジンを世代で比較

各世代の人数を100%として、検索エンジン別に割合を見たのが以下の表です。

1位は黄色、2位は緑でマークしています。

口コミを調べる検索エンジン

その結果、どの世代でもGoogle利用者が一番多くなりましたが、検索エンジンを比較した際にも述べたように、30代~50代はYahooを利用している人も40%前後いました。

20代・60代ではGoogleで検索する人が80%前後と圧倒的に多くなりました。

 

口コミを調べるSNSを世代別で比較

では、SNSではどうでしょうか。

世代ごとに口コミを調べているSNSを比較したのが下の表です。

この表でも各世代の人数を100%として、1位を黄色、2位を緑、3位を水色でマークしています。

口コミにSNSを利用している世代

世代別にみると、30代以上はSNSを利用しない層が40%と多数派を占め、次いでツイッター、インスタグラムと続きます。

一方、20代以下の若い世代は検索エンジンよりもSNSを利用して口コミを調べている人が多数派で、中でも約半分の52%がツイッターを、1/4の25%がインスタグラムを利用していました。

ただし、世代を男女別に見ると、以下の表の黄色マークのように20代~40代では女性が70~80%を占めてしまっています。

そのため、今回の世代別のアンケート結果に限って言えば、世の中一般と言うよりはやや女性よりの傾向が出ていると言えるかもしれません。

アンケートの調査内容

まとめ

口コミの調べ方を

  • 使用する検索エンジン
  • 使用するSNS
  • 検索エンジン、SNS以外

で「男女別」「世代別」に比較しました。

その結果、

  • 老若男女問わず多くの人がデフォルトの検索エンジンであるGoogleを使って口コミを調べている
  • 男性はツイッター、女性はインスタグラムを口コミを調べるのに使う傾向にある
  • 20代はSNSも積極的に取り入れて口コミを調べる人が多い

ことがわかりました。

モニターレビューを書いてお金を貰うなんていう仕事も世の中にはありますから、どの検索エンジンやSNSを使っても、一定の割合で嘘や誇大な口コミは混ざっているでしょう。

ユウ
ユウ
真実を見極めるためには、色々な口コミツールの良いところと悪いところを知っておくことも大切ですね。